【目を背けないで!】お酒を飲むと太るのか?について徹底解析 トレーニングとお酒の付き合い方についてもまとめました。

食事

今回は「お酒は太るのか?」というテーマで、記事を書いていきたいと思います。

よく「お酒だけを飲む分には太らない。」や、「お酒と一緒に油っぽいもの食べるから太るんだよ。」と言っている人がいますが、本当にそうなのでしょうか?

この記事はこういう人におすすめです!

1.お酒だけで太るかどうか知りたい。

2.お酒で太るメカニズムが知りたい。

3.トレーニーはお酒を飲んでいいの?

私もプロテインと同じくらいお酒も好きなので、絞るために色々苦労しているのですが…

とりあえず、現実から目を背けずにまずはお酒について理解することが大切ですね。

それではいきましょう🙆‍♂️✨

まずは結論!

まずは結論ですが、人はお酒を飲むと太ります

これは紛れもない事実です。ですので、お酒だけ飲んでいる分には太らないや、お酒と一緒に食べるものが太る原因である(その原因も +α でありますが)と言うのは、真っ赤な嘘と言うことです。

では、お酒を飲むとなぜ太るのかについて次で詳しく説明していきます。

お酒で太るメカニズム

結論として、お酒を飲むと太るという事は説明しましたが、ここでは太るメカニズムについて詳しく解説していきます。

そもそもアルコールにはカロリーがある

まず初めに、お酒だけ飲んでも太ると言うのにはお酒に含まれる「アルコール」が関係しています。

お酒に含まれるアルコールも たんぱく質 や 炭水化物 と同様にカロリーが含まれており、お酒を飲むことでアルコール1g あたり 7.1キロカロリー 摂取することになります。

ですので、いくら一緒に食べ物を食べなくても、糖類ゼロのお酒を飲んでもアルコールが含まれている以上、カロリーを摂取してしまうと言うことになります。

ちなみに、アルコールに含まれるカロリーはエンプティ(空の)カロリーなので、脂肪として体には残らないという人もいますが、それも認識が間違っているようです。

アルコールから摂取したカロリーは優先的にエネルギーに代わるため、脂肪として体には残らないみたいですが、それ以外の食事から摂取したカロリーが消費されずに余ってしまい、脂肪に代わっていってしまうというわけです。

sora

お酒だけで生きていける猛者はさすがに居ませんからね。

例えば、ビール1本(355ミリリットル)を摂取するとアルコールが 14g 含まれていますので、それだけで 約100キロカロリー を摂取することになります。

またお酒にはアルコール以外にも 糖質(炭水化物)などが含まれており、ビール1本でいうと おにぎり1個(約170キロカロリー)を食べるのと同じカロリー摂取と考えてもおかしくありません。

【補足】摂取カロリーと体重について

・人が1キログラム脂肪を増やすには、約7,200キロカロリーを消費カロリーより余分に摂取する必要があると言われています 。

これを見ると、そう簡単には体重が増えないと一見思えてしまいますが、ビール(355ミリリットル)を1日1本飲み続けると、1年間で約62,000キロカロリー摂取することになりますので、1年で体重が約8.5キログラム増える計算になります。

いや、こうして見ると恐ろしいですね。お酒😅

利尿作用で塩分が摂取したくなる

お酒を飲むとなぜか欲してしまうのが「〆のラーメン」です。

これは人間の記憶に刷り込まれていると言うものではなく、ちゃんとした理由が存在します。

お酒を飲むとその利尿作用でトイレに行きたくなるというのは、皆さん経験されたことがあると思いますが、ここで尿と一緒に塩分も排出されています。

これにより体内の塩分濃度が低下すると、脳から塩分を補給しろと言う指令が出て、しょっぱいものが食べたくなると言うメカニズムです。

しょっぱいものといえば、味が濃くカロリーが高いということでこれをお酒と一緒に摂取すると、残念ながらどんどん太ってしまうと言うことです。

アルコールの分解にはたんぱく質が必要

お酒に含まれるアルコールの分解は肝臓で行われます。

この肝臓でアルコールを分解する消化酵素は、肉や魚、大豆などを分解して作った たんぱく質 を原料としています。

そのためお酒をいっぱい飲むと、筋肉を大きくしようとして摂取したたんぱく質が、アルコール分解酵素にどんどん使われるため、筋肉を修復するためのたんぱく質が不足してしまいます。

これはトレーニーにとっては一大事ですね!

トレーニーのお酒との付き合い方

先ほどもお酒に含まれるアルコールを分解するためには 消化酵素 が必要で、その酵素はたんぱく質を原料として作られているということを説明しました。

トレーニーにとって たんぱく質 は、筋肉を修復するための大切な材料となりますので、定常的にお酒を摂取するというのは、筋肥大からしてもかなりマイナスとなります。

強いて言うならば、筋トレを行ってすぐが筋肉の修復にたんぱく質を1番多く使用します。

そこから徐々に筋肉の修復量は減っていきますので「筋トレをした日はお酒を飲まない」「どうしてもお酒を飲まないといけない場合は、筋トレ日をずらす」といった工夫をすることで、体がたんぱく質を1番欲しているタイミングにアルコールの消化酵素としてたんぱく質を取られる可能性が減ってきます。

まとめ

ここまで「お酒は太るのか?」また「トレーニーと酒の上手な付き合い方」について解説してきました。

要点を以下の通り簡単にまとめます。

この記事のまとめ

・お酒だけ飲んでも太る!それはアルコールにカロリーがあるから。

・エンプティーカロリーだからと言って太らないわけではない。

・お酒により食欲が湧いてしまうと言う追い打ちが発生してしまう。

・大切なたんぱく質がアルコールの消化に使われてしまう。

ということで、ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事が、少しでもお役に立てればうれしいです🤗

他にも、プロテインを中心にいろんな記事を書いていますので、ぜひ読んでみてください👍

それではまた(^^ゞ

「プロテイン」をもっと詳しく知りたいあなたへ

突然ですが、プロテインのこんな知識 をご存じですか?

「そんなの知らない」という方は チャンス です🙋‍♂️

なぜかって、

プロテインやタンパク質のことをもっと知ることで、さらに効率よく体づくりが行えるかもしれません。

今回、2ヵ月かけてプロテインとタンパク質一撃で理解できる記事を書きました。

頑張って中身を充実させたので、内容は少し長いです…(読むのに10分くらいかかります。)

ですが、プロテイン初心者の方は絶対読んで損はないと思います! 絶対!!🙆‍♂️

レベルアップを目指すならジムへ行こう!

「自分に自信をつけたい!」

「異性からモテたい!」

って思ったことありますよね。

そんな時は 少しだけ勇気を出してジムに入会 してみませんか?

最近は、手軽に入会できる24時間営業のジムがたくさんあります。

なので、自分の気が向いた時にトレーニングを行うことができます。

また、ほとんどのジムは 入会手数料無料&数ヵ月会費無料 というキャンペーンを行っています。

「やっぱ向いてないな。」と思ったときは サクッと やめても大丈夫です!

あと、ジムには マッチョがいっぱい居て怖い と思われがちですが、

私の体感では 8割くらいは初心者~中級者の方です (´-ω-`)/

いずれにしても、最初はみんな初心者です。

その少しの勇気で人生を変えてみませんか💪✨

Posted by sora